国立大学法人筑波技術大学 筑波技術大学は視覚障害者?聴覚障害者のための大学です。

トピックス

  • 2022年11月24日
  • 視覚

茨城県立盲学校の生徒が来学

写真左は英語2の授業、写真右は日常生活活動実習の授業の様子1021日 金曜日に、茨城県立盲学校の高等部の生徒4名と先生4名が春日キャンパスに来学しました。同校とは、茨城県教育委員会と協定の下、毎年、教員及び学生?生徒間の双方向交流を行なっていますが、今回の来学はその活動の一環です。昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインの交流となりましたが、今年度は来学が実現しました。

体験授業では、障害者高等教育研究支援センター小林講師の「英語2」に履修生と一緒に参加しましたが、自己紹介や質問への回答も元気よく英語で行っていました。新浪体育では、情報システム学科坂尻教授の「データサイエンス入門2」、理学療法学専攻中村講師の「日常生活活動実習」に参加しましたが、履修生とやり取りする機会もあり、楽しんでいる様子が見られました。また、休み時間には同校の卒業生や、同校を教育実習で訪問した学生とも交流ができて、久しぶりの対面を喜んでいました。見学の最後には、男女に分かれて寄宿舎を見学して、筑波技術大学の学生の生活環境に触れました。

今後も、様々な形で同校との交流を深めていきたいと思います。

左の写真は「英語2」の授業の様子、右の写真は「日常生活活動実習」の授業の様子です。

(障害者高等教育研究支援センター 宮城 愛美/2022年11月24日)